パステルカラーな日常

明日がいい香りに包まれますように…!

ディバインニケ!!お注射5本目


はじめましての方ははじめまして!
お馴染みの方は毎度ありがとうございます!
ディバニケのアスカです~




初の勝ち頂上です。
ツイッターの方では呟きたれ流してたんですが、キルルートいくつかあるときは一番ありそうなものをケアするのが定石なんですね(今回は土下座!)。しかし今回は何もケア出来てないのと動きに無駄が多いのとあまり美しくない(OCニケちゃん使ってない!)など様々な問題を一日越しに感じています。いや、ミューズを刺した瞬間真っ白になっちゃいましてね(汗

今後もこのデッキと付き合っていくなら細かいところもしっかりしないとダメですね。今回は細かくねーけど!



さてさて、唐突ですがこのCOJというゲームが他のTCGと大きく違うところ、といえば"デジタル"ということではないかと思います。
スタン落ちを免れたメンバーも、デジタルだからこそできる挙動、すなわち"ランダムサーチ"持ちが多いですね。
今日はこのランダムサーチとディバニケについてお話しすることにしましょう。


ランダムサーチと自引き

例を挙げて紹介したいと思います。
先攻マリガンとして、
《オータムロイド》《プリティベル》
《ストライクナース》《天空の楽園》
というかなり理想的な4枚が入ったときに何をするか、ということ。

まずここには2択が2つ見えるかと思います。
  • 《オータム》か《プリベル》か。
  • 《天空の楽園》を使用するか否か。
《カパエル》等のサーチ珍獣や4色の《魔導書》等でなければ、多くのデッキではそれぞれのサーチ先が10枚以下であると思います。つまり、「ランダムといえど何を引けるかは大方決まっていて、現実的な確率として算出できる」ということです。
スムーズな解説のために載ったデッキを貼っておきます。

f:id:Asuka_coj:20160416132016j:image
(中心に怪しいカードが見えますが初日なので突っ込まないでください!)
いや、結果的にDOB:Sドラゴンにはなかなか有効だったんですけどね(笑)


このデッキの場合、《オータム》のサーチ先はツモした《天空》を除き7枚、《ベル》は自身そのものを除いた5枚ですね。
ここで重要なことは、「手札OCさせるには同じカードが3枚必要」ということです。
…何を今更、って感じありますよね(苦笑
補足するなら、サーチカードを含めて3枚引けばいいんです。《ニケ》《ナース》《天空》の3枚でも投げつければいずれOC《ニケ》になるでしょ?という話です。

先ほどの手札だと、先1tの残りデッキ36枚のうち、《アリエ》になれるカードは
《ベル》×2
《アリエ》×3
世界樹》×1
の計6枚。つまり、何らかで1枚ドローする場合それらを引ける可能性は6/36で約16.7%です。
しかし、先に《ベル》を召喚していたらどうでしょうか。《ベル》か《アリエ》のどちらかを引くことになり、そのあとに何らかで1ドローする場合は5/35、約14.3%に落ちます。それはつまり、少しだけ3枚揃う確率が下がる、ということではないでしょうか。

ランダムサーチは指定の物を持ってきますが、その分その関連カードの素引き率を下げていると考えられます。

そして、《オータム》を召喚した場合は
《マネゲ》×2
世界樹》×1
《魔法石》×3
《人の業》×1
となります。1/7、つまり約14%の確率で《世界樹》をサーチし、《ベル》召喚とほぼ同じことになってしまいますが、その他のものを引く約86%の場合は、次のドローで「《アリエ》になるもの」を引く可能性は6/35、つまり17.1%に上がる、ということです。
精霊じゃないものが減るのだから当然ですね。


よって、《オータム》を召喚する方が完成が安定する可能性が高い、ということがお分かりいただけたかなと思います!
《天空の楽園》の方も基本的には同様です。デッキの中の天使を減らすことで天使のドロー率を下げてしまい、3枚目が引けない!という事態に陥りやすくなりますね。ただ、それは2tでの行動が見えているからであって、次のターンの行動が未定であれば《ナース》を寄せにいくのは全然ありです。


しかしながらこのゲームは《無限の魔法石》ってカードがあって3枚目をピンポイントで持ってこれますし、召喚して自分の手札を増やすユニットも多めに採用されているので、ハンドリソースを維持しやすく《魔法石》を打ちやすいのでそこまで小さな数字に厳密にこだわる必要もないですが…。やはり大切な場面にとっておきたいですからね。魔法石。せっかく引くなら自力で引きたいじゃないですか!引きキモは誉め言葉!!


この考え方はよく珍獣デッキで研究されている部類のものかと思います。そちらでも、《陳列台》と《学びの庭》、どちらを先に使う?などと細かい確率のお話がありますよね。

これが思考型デジタルTCGの1面なのかな、と思います。TCG未経験者でもご理解いただきやすいように数学的な考え方で行ったんですが…何だかすごく分かりにくい説明になってるような気がします…。読みにくかったらほんとにごめんなさいね!



ここまで長々とお読みいただきまして
ありがとうございましたm(_ _)m



P.S.
先攻1t
《カパエル》《ブロックナイト》
《カンナ》《魔導士の館》
さて、あなたはどう動く?