パステルカラーな日常

パスカ氏が読みにくい文章を綴ります

JAEPO2020に行くまでの雑記とレポ感想

はじめましての方ははじめまして!
おなじみの方は毎度ありがとうございます。
パスカです。お久しぶりです



基本的にライブとかイベントって強く印象に残った感想が断片的に想起されて、それを繋ぎ合わせていくことで「いいイベントだったな…!」みたいな感じになりがちで、それはだいたい同行者と疲れた身体で麺か肉食べながらやることが多いんですよね。
今回は完全ソロ参戦だったからその枠がないので自分で振り返ろうということで書き始めました。17時です。会場内は蛍の光が流れてます。


まずはシステム面なんだけど、今年のjaepoはニコニコ闘会議とかいうイベントと合同開催されてないんだよね。理由はわからんけど。
その影響なのか去年まであった優先入場券がなくなって全員同じチケットで入ることになった。
もう一点あるのは私的な理由で、会場の幕張メッセから《1桁》kmくらいのところに引っ越したんだよ。去年の5月にガンホーフェスティバルがあった時に試しに徒歩で行ってみたらまぁ1〜2時間くらいとそんな大変じゃなくて、まぁ歩いていけるなっていう所感を得た。
そして僕が目当てとするセガ音ゲーライブは先着で整理番号を配って大体の位置が決まるものなわけで、総合して
「深夜〜早朝に出発して始発より先に到着すれば柵の中で観れるのでは?」
という結論になるのは必然。それを体調を崩さずに行って完走するのが今回のゴールだった。
結果から言うと多少の眠気はあるけど文章綴りながら海浜じゃない幕張駅まで歩く余裕はキープ出来てるので達成です。


デュエプレのせいで睡眠時間削られてコンディションの悪い今週だったけどまぁ乗り切って、昨日の金曜日は20時40分に仮眠始めて3時間で起きて「遠足楽しみで寝られない小学生かよ!」みたいなセルフツッコミしつつ、「徹夜禁止って言うけど徹夜の定義って何だろうなぁ」とか考えてたら2時間くらい経ってたけど無事出発できて無事着けた。3時半頃着いて約40人待ち。もうちょっと前かなぁって思ってたからちょっとびっくり。

そこからひたすら寒空耐久始まるんだけど、綿のコートで出発してから3分後に一旦帰ってダウンコートに替えてなければ死んでたかもしれん。さすがにこの時期の朝はめちゃくちゃに寒い。「昨日より8℃高いです」じゃないよGoogleくん。


この6時間半は本当に虚無だったので特に備忘メモしておくと、「寒さ対策にやりすぎはない」という教訓を得ました。


入場に電子チケット使ったらもぎりバイトくんが暗証キー知らなくて30秒ロスしたり、走らないでください!を真に受けて早歩きしてきたら走るオタクに抜かされまくって結局88番でリストバンドをゲット。24列+枠外大勢の中5列目でしかもパーテーションのすぐ後ろだったから広めにスペース取れてまぁ結果オーライだったかなという感じ。
ひと回りして惹かれるものもなくふらっと見つけた物販でダンスラッシュのタオルに一目惚れして買えたのは良かったポイント。

行くとこもなくセガブースに戻ってmaimaiオタクのプレイをほえ〜って眺めて、オンゲキオタクのプレイをうーんって眺めて、チュウニズムオタクのプレイをほ〜んって眺めて、maimaiオタクの決勝トーナメントでめっちゃ気まずくなってたのを生ぬるく眺めてた。
具体的には決勝戦レギュがA氏の指定した曲、B氏の指定した曲、初公開の新曲の3つの合計達成率勝負だったんだけど、1,2曲目を両方オールパーフェクトして優勝ムードだったB氏が初見曲で崩れてA氏が優勝したって事案。ディレクター他解説陣が「こんなはずじゃなかった…」みたいな空気をありありと出してたのが最大の問題だけど、選手2人が大人な対応でカバーしててすごいなぁって思った。2人ともお疲れ様!


以下本題のライブについて

まずはowl*treeさん。シャッフルリズムの癖のある楽曲メーカーとして定評がある人で、各音ゲーにたくさん曲作ってる。跳ねるリズムではあるんだけどBPMは人間味があるし、芯のリズムは普通に4拍子だからノリやすいし、本人も羽根広げて煽ってくれるからかなり盛り上がった。maimaiで先程新発表された曲から始まり、持ち曲のオンパレード。2曲目でしっかり知ってるTeriqma来たから空気作ろうと思ってコールというか「ハイ!ハイ!」って叫び始めたら周りもノッてくれて、その後みんな盛り上がってくれたから口火を切った甲斐があったなぁと思います。みんな僕に感謝してくれ

そしてCD今日から発売!って言った後owl曲のとぱぞremixを流してバトンタッチ。今日は来られなかったA-OneとかイロドリミドリとかCrankyを偲んで(勝手に死なせたがる)Music Pяayerから始まる借り曲メドレー(BBKKBKKイロドリVer.やConflict含む)、CZKagoとYURUSHITEのロングVer.収録のCD告知挟んで自曲メドレーしてGarakuta&Oshamaの黄金コンビで終了。この瞬間が今日一物理的に熱かった。

MCの後オンゲキが始まり、茜様役大空直美さんが登場。初回から完全に茜様だったけど3回もやってるから板に付きまくってる。全域アカネサマの後にオンゲキイベ初登場の有栖役長縄まりあさんが登壇しどうぶつパラダイスを歌唱。その後2人でMCしばらくしてたけど、有栖の再現度が高すぎて感動してた。無口系幼女を演じさせたら右に出るものはいない

その後にあかり役赤尾ひかるちゃんと春菜役の近藤玲奈さんが登場してkiss me kissが始まった瞬間、僕と隣のオタクと柵を挟んで前にいたteaRLoveの服着たオタクが死にました。




  • DEAD END-


ただでさえあざとい系の、ちょっと背伸びして誘惑しちゃう系の楽曲であるにも関わらずそれを超童顔でキュート属性全振り!みたいなひかるちゃんが大人っぽい表情作って歌うギャップの強さよ
あれはダメです。人が死にます。報道関係者の方、レポ記事待ってます。(曲中盤で春菜役の近藤さんがシャニマスの灯織の人だって気づいた。ごく短時間のMCでも近藤節が発揮されててすごく心配だった)
そこから茜有栖が戻ってきてあかりが捌けながら誰もが期待してたYYY計画を3人で歌唱。会場のボルテージとしてはここもかなりぶっ飛んでた。続くMCでひかるちゃんが「私もやりたい!やっていいですか?『日本の首都は?』」って言い出すのも完全に納得。
ソロでPerfect Shining!を歌い、歌い始めて3年になるんだよーと告白。最初の頃はガッチガチで笑顔なんてなかったし緊張のあまり楽屋で泣いていたらしい。
新CDや4月のクラブイベントの告知の後、新Ver.テーマソングを4人で歌唱して終了。最強ザサマータイムが最強過ぎたからそれには劣る感。2ndLIVEが夏にある模様。どっちも行きたい。

そしてHaNaMiNaの登場。STAR'Tから。撫子の力強い歌声がかなりいい感じ。続けて七瀬様のクールな振りから新七瀬ソロ曲(Lord without Road?多分曲名違う)の初披露。やっぱりこの人バッチバチにかっけぇ。
MCの後単一指向性オーバーブルームとみなえをチェックをソロ歌唱。華の曲は跳ねめのロックなんだけど強めのボーカルとよく合っててかわいい。みなえは伊藤美来強すぎてちょっとキツかったです。特徴のないおっとりした地味子の役なのに4人の中で1番人気で場慣れしてるのがアンバランス感ある。まったくまりんかといい緑枠はどうしてそうなるんだ…
最後にAgitation!を歌唱して終了。コール強めで楽しい曲!
イロドリミドリ世代だから伊藤美来さんの存在も含めてHaNaMiNaはちょっと合わない感じ。
チュウニズム引退したしなぁ

最後は光吉さんとみんな出てきてハム太郎した後に恒例のBurning Hearts歌いながらのくじ引きでfinish

ライブの内容もかなり良かったし、5列目っていうまぁ恵まれた立ち位置ってこともあってかなり楽しめた!盛り上がるって意味ではDJプレイとYYY計画が優秀賞、総合ではkissmekissが優勝です。


2時間ちょいでただひたすら思いついたことを書いただけなので気に入らない文章の部分とか意味が伝わりにくいところもあったと思いますが最後まで読んでいただいてありがとうございました。

よかったらチャンネル登録と高評価ボタンをよろしくお願いします!

実写映画版かぐや様は告らせたいを観てきた感想

こんにちはパスカです!
Twitterのまま何個もツイートしても良かったんですけどまぁせっかく媒体あるし超久しぶりに引っ張り出して使いたいと思います。ブログ。
見出しとかフォントとか変えるの面倒なのでそのまま書きます。





一言で書くなら、「橋本環奈と渚役の女の子以外はアニメの完全下位互換」という印象。(会長に『恋愛相談が…』って言ってくる男子が告白する子。クラスのアイドル。)

メモしてたわけじゃないから順を追えてるか分からないけどストーリーバレ含むので本当に楽しみならブラウザバック推奨。そんな人が居るのかは知らん。
概略としてはアニメでもやった短めストーリーがいくつかと、たぶんオリジナルが4〜60分の構成。オリジナルエンドだと思う。原作読んでないから分からんけど。




まず開幕の長めのナレーションが佐藤二朗なのがあまりにもきつい、無駄にベラベラ喋るしメタ発言もする。本当に邪魔。
僕個人的に佐藤さん好きじゃないのもあるけど、3役くらい出てきてマジでやめろって思いました。
アニメ版のナレーションの声めっちゃ良かっただけに落差がすごく残念。引退。

概略説明はまぁ丁寧めだったけど、1.5等身くらいの顔だけ実写クソコラみたいな映像(伝わってくれ)は結構キツかった。顔だけ橋本環奈の女王バチが顔だけ働きバチの平野くんをパシる、また逆にアラブの王平野と奴隷橋本、的な。尽くす尽くされるの関係の説明だから絶対必要だけど顔だけ実写クソコラでやらなくてもいいだろとは思う。



キャストについて
会長役平野紫耀(ヒラノショウ)だけど、見た目はギリギリセーフだけど声が全然合ってない。高くてふわふわしてる。会長が割とコミカルな部分のあるキャラだから、そういうシーンではまぁありかなってくらいは合う。10年前の山下智久がやったらかなり合いそう。作品上モノローグが多めにあるけど、救えないくらいド下手。演技とアフレコ全然違うらしいから仕方ないね…
総評:山下智久はやっぱりすげぇ


副会長役橋本環奈
さすが国民的美少女、顔が良い。金出して観に行ってもいいかなって感情を僕が持った原因なのでさすがに高評価。
千花から渡されたチケットをどうするか――みたいなのが1つ目のストーリーだったかなって思うんだけど、そこで会長と1vs1ババ抜きして「勝ったほうが何でも命令できる」ってなった会長の妄想の中のネコ耳メイド姿が似合ってないながらには可愛かった。
制服、ネグリジェ、浴衣姿と橋本環奈のコスチュームプレイ(完成度が高いから敢えて略さず書く)が非常に良かったので良かったです。(語彙力の崩壊)
シニカル?ヒール?な笑いがすごく自然。
ノローグはやっぱりあんまり上手くない。演技とアフレコ全然(以下略
総評:kawaii


藤原千花役浅川梨奈
知らない子だけど、というか以下に知ってるキャストはいないけど、千花はほんとに千花だった。ただ、あまりにも千花すぎたので3次元から浮きすぎている。一挙手一投足も千花。声も千花。全てが千花だから是非千花評論家の評価を聞きたい。僕はまぁありだと思うけど、やはり3次元に降臨するのは少し早かったと思う。おっぱいが大きい。
総評:お 前 が 藤 原 書 記 だ


石上優役佐野勇斗(サノハヤト)
平田社長かと思った。
いや老害J勢くらいしか分からんネタを出して申し訳ないんだけど、見た目もキャラクターも完全に平田社長。僕は個人的に平田社長に好印象持ってるからかなり好きなキャラ。陽キャが演じてるから陰は本物よりちょっと薄いかも。この世界線では藤原書記と結構悪くない関係でまぁ新鮮に映った。
総評:引っ越しは"おたくのやどかり"で


柏木渚役池間夏海
さすがクラスのアイドル、顔が良い。特にエピソードはないのでこれまで。
翼役(渚の彼ピ役) 陰キャ→壁ドン→陽キャ
やはり陰キャはこの世には要らないらしい。


早坂
公式の写真ではいい感じなんだけど動くとちょっと残念。ブスまではいかないけどもうちょっとなんとかならなかったかなぁって

四宮家別邸のメイド
なんでこんなガチ気持ち悪いクソババアなんだ?(吐き出さずにいられない)

その他言うことはそんなにないです。だから佐藤二朗出てくんなって





ストーリーざっくり
再度ですがメモってないので正確ではないです
これ書くためにアニメのあらすじ見たけど、ネコ耳メイドって別の話で出てきたんだな…よく拾ったな偉いぞ脚本家ー
原作部分はまぁアニメでやった内の最低限を取り扱った感じだけど、ところどこらオリジナル展開が含まれてる。
前述の千花からチケット貰ったから映画観に行く(偶然)では、待ち伏せ人払い監視その他いろんな策行われたり、招待チケットを入場券に交換するところでひと悶着あったり。
熱出して幼児退行するのは比較的そのままだったような気もするけど見舞いに行く人を決めるゲームはなし。
花火大会行けない理由は平民の娯楽である映画行ったのが父にバレて外出許可降りなかったからだったし、まぁでも違和感のない感じにショートカットされてていい感じだったと思う。原作がいいからなぁ


で、問題のオリジナルは生徒会が任期満了して解散するんだけど、かぐやが心臓発作で倒れ、会長はかぐや母の死因が心臓病だったと知らされる。診断によると「恋の病」とかいうふざけたもんだったんだけど、会長と一緒の場所がなくなるストレスで倒れたかぐやは自分が会長として生徒会を再編成しようと立候補、会長はそんなかぐやの身を案じて阻止しようと立候補して1vs1の選挙戦が始まる、というもの。原作でも選挙編はあるらしいけどミコなる子は出てきません。
で、なんやかんやあって4人揃って生徒会再編成されてこれから頑張ろうってなったところで2人がキスして終わり。
――キスして終わりです。




はぁーーーーーーーーーーーーーーーー(クソでかため息)
こーーーーーーーーれだから頭空っぽ恋愛脳向け映画はなーーーーーーーー
千花が引き起こした事故みたいなものではあるんだけど、かぐ告はそういうものじゃないんじゃないかな?????って気持ちになりました。
結論を急ぎたがるっていう映画の悪いところ出ましたねぇ




音楽
タクシーから花火を見るシーン、DAOKOの歌声がマッチしてていい感じでした。けどDAOKOさんまた花火で歌ってるんか…??いいのかそれで…

ED、鈴木雅之じゃないのが残念だけどKing&Princeはまぁ歌の感じ嫌いじゃないのでまぁまぁ。曲も悪くない。
でも怒りたいとこあって、右にスタッフロール流れてて左に写真が映るんだけど、そこにメイキングの写真出してくるんだよな。収録セットの上で衣装着て花束持ってピースしてるようなやつ。
なんで映画勝手に終わらせてるん??
主題歌+スタッフロール終わって暗転明けて初めて映画は終わるんだろ?なんで作中に制作裏場面見せられなきゃならんの??やる気あるん???
って思ったんだけど冷静になった頃完全に納得しちゃって、スタッフロール途中で離席するような人種向けの映画なんだな…って


で、釈然としない感情のまま出てきてこれ綴ってるわけよ

まぁ笑うところはあるけど、失笑2割・共感性羞恥8割という感じ
本当に共感性羞恥がえげつない映画だった。分からない人はググってもいいけど、
「キッツいな〜〜これ〜〜w」
みたいなやつだと思ってください。間違っても男2人で観に行ってはいけないと思う。特殊性癖なら止めないけど。
橋本環奈の可愛さとオリジナルストーリーのクソさが詰まった超恥ずかしい限界映画でした。
原作読んでないので見当違いのことを言ってるかもしれないけど、アニメだけ観た人間の評価として大目に見てほしいと思います。

大体吐き出したいことは吐き出せたのでOK。
お疲れ様でした。